成長期なのに子供が牛乳嫌いで飲めない
子供に牛乳を飲ませると下痢をしたりお腹を壊す

そんな悩みを抱えるお母さんも少なくありません。
牛乳には「タンパク質」と「カルシウム」が豊富に含まれています。
どちらも成長期の子供には欠かせない栄養素です。
「タンパク質」は代わりの食材もたくさんありますが「カルシウム」に代わりの食材はあまりありません。
なんとか牛乳を飲まない子供に代わりに食べさせる食材は無いのでしょうか?

牛乳が飲めない子供が増えている

牛乳 飲めない子供

牛乳が飲めないのは「乳糖不耐症」という体質も関係することがあります。
乳糖不耐症とは、「牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素がないか働きが弱いことから乳糖をエネルギー源として利用できない」体質のことをいいます。
そんな体質をもつ人が牛乳を飲むと、下痢をしたりお腹が張ったりするので牛乳が飲めないのです。

子供が牛乳嫌いな理由

体質以外に子供が「牛乳が飲めない」「牛乳が嫌い」という理由はなんなのでしょうか?
子供の牛乳が嫌いな理由のアンケート結果では「ニオイや味が嫌い(71%)」が最も多かったようです。
ただ、この「「においや味が嫌い」と答えた親に、「子どもに感覚過敏の特徴があるか_」と尋ねると34%が「ある」と答えたそうです。
また、「白い飲み物や食べ物が嫌い」という回答が少数ながらあった(6%)ようです。
これらのことから、
牛乳嫌いの子どもが牛乳を嫌う背景として
自閉症スペクトラムの傾向が関係している可能性がある
ことが示唆されたという報告もあります。
参考:日本教育心理学会第|牛乳嫌いの幼児に対する改善の取り組み1。

子供のが牛乳嫌いで飲まない理由には様々な原因もある可能性があることはぜひ理化しひておいてください。
だからこそ、牛乳嫌いの子供の無理やり牛乳を飲ませるのは良くない場合もあるのです。

牛乳が飲めない代わりの食材はコレ

牛乳 飲めない 代わり

牛乳に多く含まれている栄養素は「たんぱく質」と「カルシウム」です。
牛乳の1 日当たりの摂取する量の目安はコップ 1 杯(180~200ml)とされています。
しかし、これを牛乳嫌い子供に毎日飲ませるのはかなり難しいかもしれません。
そこで牛乳が飲めない方は代わりに次の食材を積極的に摂ることをおすすめします。


    牛乳が飲めない代わりに摂る食材

  • 骨ごと食べられる魚介類
    例:いわし、シラス、桜エビ
  • 大豆製品
    例:豆乳、豆腐、納豆、きな粉
  • 野菜類
    例;モロヘイヤ、大根葉、小松菜、切り干し大根
  • 海藻
    例:乾燥ひじき、乾燥わかめ
  • 種実類
    例:いりごま

牛乳が飲めない代わりの食材は摂取量も多め

実は牛乳はカルシウムを摂るのに最適な食材なのです。
だからこを牛乳気r対な子供も多いので今でも給食で毎日出されているくらいです。

その牛乳に代わりの食材もあるのですが、牛乳の代わりにするにはかなりの量を積極的に摂らなければなりません。

牛乳1本(200ml)に含まれるカルシウムは220㎎程度です。
それに比べて牛乳の代わりとなる豆製品の食材ではかなりカルシウムの量が少なくなってしまいます。


豆乳   コップ1杯(200ml)30㎎
木綿豆腐 冷奴1皿(50g)  43㎎
厚揚げ  小鉢1皿(50g)  120㎎
高野豆腐 小鉢1皿(乾10g) 63㎎
油揚げ  みそ汁1杯(5g) 

この他の食材と牛乳とカルシウムがどれだけ含まれているか比較してみましょう。

食品 摂取できるカルシウム
牛乳 コッピ1杯(200g) 220g
ヨーグルト カップ1個(80g) 96mg
6Pチーズ 1個20g 126g
木綿豆腐 1/4丁(100g) 120g
桜エビ 大匙1杯(8g)項目内容 160mg
小松菜 小鉢1つ(70g) 160mg
シラス 大匙1杯(8g) 42mg
ひじき 小鉢1つ(5g) 70mg

いかがですか?
子供の成長に必要なカルシウムを牛乳の代わりにとろうとするとかなり大変なことがお分かりいただけたでしょうか?
しかもあまり子供たちにとって苦手な食材も多いのです。

牛乳が飲めない子供におすすめのおやつ代わりのサプリ「ノビルン」

大人であれば健康のためにカルシウム不足を補おうと牛乳の代わりの食材も積極的に摂ろうと心がけもできます。
しかし、幼い子供たちにそれを無理に共用するのは少し難しい話です。
しかし、一番カルシウムが不足してはいけないのが子供の成長期なんです。

そこであの手この手でお母さんたちも子供の牛乳嫌いを克服させようと躍起になるのですが、一度牛乳嫌いになってしまった子供の嗜好を変えるのは時間もかかります。

そこで、おやつ代わりに簡単に牛乳嫌いで不足するカルシウムを補充する「ノビルン」をご紹介しておきます。

ノビルンの成分は以下の通りです。

牛乳が飲めない子供に「ノビルン」がおすすめな理由




牛乳嫌いで牛乳が飲めない子供たちに「ノビルン」がおすすめな理由は
牛乳嫌いは簡単には治らない
からです。
牛乳嫌いは大人になってくるといつのまにか治っていることも多くあります。
少なくとも「牛乳が好き」ではなくても「牛乳を飲める」ようにはなるものです。
でも、子供の牛乳嫌いを子供時代に治すのは至難の業なのです。
一番牛乳を飲まなくてはいけないのは成長期の子供時代なんですけどね。
なぜなら
成長期を逸してしまうと子供の背も高くはならないからです。
だからこそ「牛乳が飲めない代わり」にノビルンでそのい不足分を補うことをおすすめしているのです。

ノビルンはおやつ感覚で食べられる栄養補助剤です。


結論からいうと子供時代に子供の牛乳嫌いを治すことは諦めた方がいいかもしれません。
もちろん、子供の牛乳嫌いを治すための努力は継続してやっていかなくてはなりません。
でも、その結果を待っている時間はないことも事実です。

「あの時、もっとカルシウムを摂らせておけばよかった・・・」
自分の子供がまわりの友達と比べて背が低いように後悔しても取り返しは尽きません。

ノビルンは初回1980円で試せます

ノビルンは通常価格6,900円(1か月分60粒)ですが
WEBからの申し込みの定期コースですと
・初回1,980円(71%off)
・2回目以降2,980円(56%OFF)

とかなりお得になります。

詳しくいは公式ホームページをご覧ください。

\牛乳が飲めない子供の成長期応援サプリ/
【ノビルン】公式サイトはこちら